>

アメリカの医療制度

アメリカの医療の現状

アメリカの医療制度は日本のように確実なものではなく、特に低所得者は病院へ行くことができずに最悪の場合亡くなる事もあります。
日本では、国民の全員が保険証を持ち、一部負担額が免除されますが、アメリカはそもそも医療費自体が高額なうえ、保険証が義務付けられていないため、保険証を持つためには保険会社の保険に加入しなければなりません。
当然、所得の低い家庭の人達は節約のためにもこの任意の保険に加入しない傾向にあり、病気になった時も病院へは行かず、自力で治す、又は治る事を祈るしかない、という問題があります。
それをどうにかしようとしたのがオバマ前大統領で、保険への加入を義務付けました。
そして、現在トランプ大統領はもっとその保険代を安くし、その変わりにカバーされる内容も少なくしました。
まだまだアメリカの医療制度は不安定ですね。

治療法も異なるアメリカ

日本では何においても手先が器用で丁寧に仕上げることが良しとされる傾向にあり、ある程度お金がかかったとしても確実に治す方法を優先して考えますよね。
しかし、先に述べたようにアメリカの医療制度はシビアな問題で、質を求めると高額すぎて家庭が破綻するということも珍しくありません。
例えばがん治療。
日本では、確実に手術をして取る事がまず考えられるかと思います。
一方でアメリカでは放射線治療がメジャーな治療法となっています。
医療費の高さは理由の一つです。
そして医師の手先の器用さの信用度。
手術をし、がんの部分は除去されたとしても、後遺症が残ったりする場合もあるそうです。
医療の発展に力を入れているアメリカですが、その恩恵を受けられるのはお金持ちのみ、という事実があるようです。